暇なので今年1年振り返る③

風邪ひいてた。
のどの違和感が凄い。

画像


年取ると、不思議なもんで風邪をひいても、これくらいなら頑張れる、という謎の現象が起きる。
体が頑張るんだよね。
素直にくたばってくれたほうが後々楽そうな気もするのに。
子どもの頃は全力で風邪ひいてたでしょ?
何故もちつもたれつになるのか。
いやになる。



7月。

思い返せば6月~7月はW杯をずっと見てた気がする。
ドイツを出し抜いたメキシコサッカーを筆頭に、ここ最近のサッカーはシステム化されまくってて見ごたえが無いように思える。
勝ちにいく以上仕方ないっちゃ仕方ない。
でもワクワクがないよね。
ただ、メキシコは見事ドイツの穴をついててマジですげーと思ったのは確か。

C.ロナウドとかメッシとか一人で点とって来るタイプの選手が活躍する以上、真ん中固めてサイドからはとにかく跳ね返してのカウンターサッカー。
ここぞって言うときに枚数かけてフィニッシュまで持っていく。
ちゃんとシュートで終わる。
点が入れば御の字。
うん、理にかなってる。
でもおもんないわ。

こうなってくると、フランス率いるデシャンサッカーが頭一つ?二つ?ズバぬけてる。
時代に見合ったサッカーだし、選手が皆一流だし、何より監督の力が凄い。
なんだかんだでかなりの間王者として君臨するんじゃないかと思う。
同時に、このガチガチに固めたカウンターサッカーを崩す新しい戦術と言うか選手と言うか、そういったものが出てくるんじゃないかという楽しみが少なからずある。
3-5-2のサッカーで行き詰まり感じたときに、ピルロが時代を切り開いたように。
どうなるんやろ。


とんじる祭。
未だだらける。
長いわ!



8月。

プリチャンにてSUPER CUTIE SUPER GIRLなる新曲お披露目。
震える。
基本的にプリチャンの曲どれも好きなんだけど、とんでもなく好き。
スーパーキューティ、スパーガー!


とんじる祭本番。
寝れない日が続く。
気持ちが高ぶってたのか、プレッシャー感じてたのか分かんないけど。
どんなことしたかっていうと、3時間かけて8団体分の短編公演をお届けする演劇フェス。
途中休憩あり、出入り自由。
これを2日間3ステ、つまり初日は客入れの時間とか含めると8時間ほどぶっ続けでやってる感じ。
受付だったり、音響照明などのスタッフも入れ替わりつつ。
「占い」がテーマだったので、客入れ時間や休憩時間などは役者にインチキ占い師になってもらって、インチキ占いを楽しんでもらう。
占いとは言ってるけど、なんだかんだでこれも一種の演劇だと思う。
あなたのための演劇、みたいな感じで結構好きだった。
クオリティは低かったけど。

俺の仕事は、総合MCと他団体の短編参加。
アホみたいな台本だけど、仲良くさせてもらってるところだし楽しかった。
ウケてて良かった。ほっとした。

千秋楽のアフターイベントとして、色んな役者入り混じってのエチュード(即興劇)大会開催。
フォーマンセルでチーム組んで、打ち合わせなしのぶっつけ本番。
お題だったりアイディアだったりはお客さんから「占って」もらうという、こじつけの理由だけど、楽しんでもらって何より。
30分くらいで終わりますーとかテキトーほざいたけど、1時間以上やってた。
詐欺。
MCなんで何とかまとめないといけなくて、頭フル回転させてた。
死ぬかと思った。



9月。

プリチャンから超天才少女、めるめる登場。
天才過ぎて爆笑。
時代先取りしてんな。
喋り方が癖になる可愛さ。


とんじる祭終わって一息。
ついたのもつかの間。
お世話になってるシャチョさんから、舞台の案内を頂く。
演出受けてみたい方だったので、オーディションを経て出演することに。
オーディションと言う名の顔合わせみたいなものだったけど。
普段絡まない業界の方々との舞台だったので、ある意味新鮮。
芸人さんやら地方タレントさんやらモデルさんやら高校生やらわらわら。
アウェイ感ハンパネェ。


暑さのせいか、夏はホントに記憶が無い。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック