RyobbenのLibero Blog

アクセスカウンタ

zoom RSS 暇つぶしに

<<   作成日時 : 2017/06/11 04:51  

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

6月だって。
雨降ってます。

画像


写真は平戸の海です。
大バエ灯台というところから撮ったピカソっぽい感じのやつ。
GW4連休ゲッツしたので、弾丸日帰りツアーしてきました。
出発13:00という計画性のないツアーでしたが、それなりに楽しかった記憶があります。
知らない街を歩くのはちょっとワクワクしますね。


それにしても、暇です。
いいことなのか悪いことなのか分かりませんが、5月頭からずっと暇。
それまでそれなりに忙しかったので、5月はのんびりしよーっと思ってたら、いつの間にか6月になってました。
6月も暇そう。

多分、今は休め!という啓示だということにしてるので、おもっくそだらけてます。
1日の流れが完璧なサイクルとして成り立っています。

12:00 起床。とりあえずPCつける。
13:00 飯。ラーメンとご飯。
14:00 ネット、もしくは台本(執筆)と向き合う。冷蔵庫の中身がなければ買出しへ。
16:00 昼寝。のんのんびりよりのサントラ最強。
17:30 起床。その後、夕飯。
19:00 仕事。だいたいいつも少し遅刻。職場のタイムカードの時間がいつのまにか早くなってる。
03:30 帰宅。一応、04:00までだけどすることないから帰宅。その後、風呂。
04:00 ストレッチしつつアニメ消化。ネット+パワプロ。
06:00 就寝。雨の雨音をつべから垂れ流して、脳汁ぶっしゃぁあぁああああ!で爆睡

火曜〜金曜までは基本これ。
土日月はまた別のルーチン。
変わらない日常、繰り返す毎日。

つまんない。


つまんないといえば、今期のアニメもつまんないですね。
もはや見てるの、ごくわずかですよ。
というか、見ようという気すら起こさせないのはある意味凄いなと思えるレベル。
なんなんでしょうね。

というわけで、ほんのちょこっと感想。


アイドルタイムプリパラ

いいぜ!いいぜ!いいぜ!

抜群に面白い。
文句なし。
これだけで生きていける。
ダンプリがあの出来じゃ、そりゃパパラ宿にプリパラいらねーわってなる。

ゆめちゃん惹かれないけど、にのちゃんやばいっす!
しゃっす!

いや、ホントに楽しみ。


アイカツスターズ

2年目。

ローラの噛ませっぷりが何かもう哀れを越えて笑えてきた。
最近気づいたんだけど、前作アイカツ!をそれなりに踏襲してるよね。
初期も2年目入って、星座ドレスでツバサ生えてたし。
なるほどねーって感じ。

でも面白いかと言われたら、うーんってなる。


ボルト

何か知らんけど、見てる。
サラダがもうちょい絡むと面白くなるんじゃないかと思うけど。
血縁が全ての作品だしさ。


進撃の巨人 2期

1期の終わり方覚えてなくて、始まり方に戸惑ったけど、ようやく理解した。
作りはいいと思うんだけどね。
巨人がどーのこーのっていうより、104期生の会話が結構面白かったりする。


サクラクエスト

結構好き。

どこかでみたやり取りなんだけど、

で、いつ面白くなるの?
>だんないよ。


ってのがあって爆笑した。

方言っていいよね。
ああいう優しい言い方ってのもあるけど。
北九州は言葉が汚いのでとてもじゃないけど扱えませんわ。

いろは→しろばこ→サクラとお仕事シリーズ第3弾なわけだけど。
今回はがっつり町おこしをテーマにしたものなだけに、結構地味な出来。
このまま地味に終わりそうな予感するけど、それはそれでいいんじゃないかと。
国王の着地点がどうなるのかはちょっと気になる。


笑ゥせぇるすまんNEW

5話くらいまでみたけど、これはダメ。
何より脚本がダメ。
説得力がなさすぎる。

子どものころに見たときはもっとダーティ色あったような気がするけど、記憶もおぼろげ。

EDの高田純次は笑った。


月がきれい

男の子が女の子に告白したところまで見た。
たまにはこういうのもいいかなって思って。
でも1話見逃したら、なんかもういいかなってなった。
多分その程度の魅力だったんだろう、自分には。

だんないよ。


キラキラプリキュアアラモード

なんと、今作からプリキュアが戦士じゃなくなりました。
伝説のパティシエだそうです。

え?

これも脚本がダメだわ、合ってない。
まぁ肉弾戦封じられてた上、スイーツがテーマだから何とも料理しにくさはあるだろうけど。
でもその料理しにくさの部分がもろ出ちゃってる気がする。
色々と不親切なところが多すぎ。
演出も何か暗いし。
あわせて、声優さんもいまいち踏み切れてない部分あるんじゃないかと。
とにかく、かみ合ってない。

千葉千恵巳出演はすっごくいいニュースだった。
でも、敵って…。
この時間帯見てきた人間からすると、どれみが敵として出てきたっていうイメージが先行してるから受け入れがたい部分がある。
作品とは関係ないから申し訳ないけども、でもせっかくなら6人目のプリキュアやってほしかった。



とまぁ、こんな感じ。

他は見ようとも思わなくて、もういいかなーって感じ。
中にはくっそ面白いのもあるのかもしれないけど、でもけものフレンズも結局惹かれなくて、見てないまま。
プリパラという神がかったぶっとんだ作品がゴールデンにあってりゃ、そりゃそうかって自己完結してます。



なので、最近は漫画を読んでます。
職場の休憩時間に、寝る前に、暇なときに!

掘り出し物の単行本セットを探しに行くのが最近ちょっと楽しみだったり。

あしたのジョー全巻セットが800円で売ってたのはラッキーでした。
アニメをちょろっと見たことある程度で、原作はノータッチだったんですけど、くっそ面白いっすね。
10巻の表紙ヤバいわ。

画像


カッコよすぎぃ!


あと、福島聡作品を買いあさってます。

世界観凄いです。
奇才って言うんでしょうか。言わないんでしょうか。
わけわかんなかったりしますし、ついていけなかったりっていう部分もあるんですけど、そういうのも後々分かる日が来るかもしれないし来ないかもしれないし。
でも、面白いっていうのだけは分かる。この感覚。
台詞もそんなに多くないんですけど、一つ一つのコマから想像力をカキタテラレルトイウカ。
すみません、説明できません。


あ、志村貴子大先生の「娘の家出」終わっちゃいましたね。
え、もう終わり?
もっと書いてよー!
っていうのが本音なんですけど、推測するに…。
こいいじの6巻読んだときに思ったんですけど、色々と事情があるんだろうなと思いました。
こいいじのペースに多分ですけど、かき乱されてるんじゃないかと。
地味に重くなってません?
話やテーマが重くとも、その重さを見せ付けずに軽やかに扱うのが志村作品の特徴で、貴子大先生の為せる技だと勝手に思って、それが僕の憧れだったりするんですけど。
重いんですよね、6巻。
読んでてグっとくる。
だいたい、本閉じたとき、もしくは本閉じてちょっとして、最悪本閉じてから1日経って、グっとくるんですけど。
今回、読んでる最中にのしかかってくるんですよ。
それでも面白いんですけどね。

凄い。


“面白い”ってのがやっぱり重要ですね。
何するにしても。

作家さんとか、例えば何かしらの賞を取ったりしたら知名度が上がって本が売れたり、仕事が舞い込んだりってのはあると思うんですけど。
その賞を決める人間(審査員)が複数いるっていうのが何かいまいちわかんないんですよね。
色んな視点から切り込めるんでしょうが、そんなの抜きにして、ある作家さん(A)一人が選ぶ「A賞!」みたいなのがあってもいいと思うんです。
もちろん、全てがAさんの偏見、好みによりますが。
これ好きだなー、これめっちゃ好きだなー程度の感覚。
でも一番分かりやすいと思います。
もちろん、Aさんには凄く負担になるとは思いますが。

志村貴子賞があるなら、僕は取るまで応募し続けます。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
暇つぶしに RyobbenのLibero Blog/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる