RyobbenのLibero Blog

アクセスカウンタ

zoom RSS 今週の・・・というか今晩の金曜ロードショーは千と千尋の神隠し!

<<   作成日時 : 2009/06/05 02:10   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 1 / コメント 4

僕の大好きな作品!!
とりあえずみんな見ようぜ^^

画像


僕は元々ジブリっ子でして。
その中でも大好きなのがこの千と千尋の神隠しです。
最近時間がある夜にはジブリの作品を見直してるんですが、面白すぎて見入ってしまいます。

で、ふと思いました。


1984年 風の谷のナウシカ
1986年 天空の城ラピュタ
1988年 となりのトトロ
      火垂るの墓
1989年 魔女の宅急便
1991年 おもひでぽろぽろ
1992年 紅の豚
1993年 海がきこえる
1994年 平成狸合戦ぽんぽこ
1995年 耳をすませば
      (On Your Mark)
1997年 もののけ姫
1999年 ホーホケキョとなりの山田くん
2001年 千と千尋の神隠し
2002年 猫の恩返し
2004年 ハウルの動く城
2006年 ゲド戦記
2008年 崖の上のポニョ


1〜2年のスパンでよくこれだけの作品を作れるもんだとwww
まぁ、近年の作品であるハ○ルや息子作品なんかはお世辞にも面白いと言える作品ではなかったですけど。
ポニョに至っては僕よりもジブリを愛していた方から「見ないほうがいい」とのお告げがあったので、劇場に足を運ぶことはありませんでしたが・・・。


ただジブリ作品にも2種類あって。
人の醜さや現代社会の生き辛さを描いた作品と、子どもの素直さ健気さ感性豊かさを描いた作品。
千と千尋大好き発言してる辺り、僕がどっちを好むかは誰が見てもお分かりだとは思いますw


いや、前者の作品もモチロン好きですよ?
ナウシカなんて今から100年後の世界でも名作と言われている作品だと思います。
ただあまりに強烈すぎて見てるだけできついんです。
毎日笑って生きられたらいいな、と思ってる僕にはかなり重いです。
まぁそんなこと考えてる時点で僕は甘いのかもしれないですけど、それでもきついと感じるのは確かです。


逆に、トトロや千と千尋は小さな子どもが主役なわけで。
あんな健気な子どもが一生懸命なにかのために頑張る姿に心をうたれます。
大人になってしまってからは見えなくなったもの、それを子どもたちは見ることが出来るっていうのを痛感します。
千尋なんてまさにそうじゃないですか。
元々嫌な雰囲気のするトンネルを「入らないほうがいい!」って千尋が親に言うけど、親はそんなのお構いなし。
で、嫌がる千尋を無視してぐんぐん進んで、勝手に料理食べちゃう始末。
千尋は何度も「帰ろーよ!」と言ってるんですけどね。
勝手に料理を食べてしまった罰として豚にされた両親を助けるために、必死になって頑張るわけですよ。
書き方がちょっと大胆なので、親があまりにも悪になってしまいましたが、千尋をいい子に表現するために犠牲になってもらいましたw
で、僕が好きな子ども中心の作品ですが、こういった作品は全部HappyEndなんですよ。
「あー良かった良かった、僕も頑張ろう」って思えるので、生きる糧になるわけですねw


まぁ明日・・・じゃなくて今日が千と千尋放送日なので今日は千と千尋について、ほんの少しだけ書きました。
が、2週間ほど前かな?
実は、DVDで見直してるんですよねwww
それでも今日は見ますけども!!
その千と千尋ですが、どうしても泣いてしまうシーンがあるんですよ。

画像


物語の中盤に差し掛かろうかっていうときですが、ふと流した千尋の涙。
何故か僕まで一緒に泣いてしまいます。

あー今日も泣くんだろうな・・・。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
「今週の・・・というか今晩の金曜ロードショーは千と千尋の神隠し!」について
「今週の・・・というか今晩の金曜ロードショーは千と千尋の神隠し!」について  千と千尋の神隠しに出てくる銭湯はなんと 私が元住んでいた。下町のアパートの近くの 私が何時も風呂に行っていた、懐かしい 場面に再会できる今は無き銭湯です。 風呂仲間や番台の人々が思い出されます。 歌も当時仕事の関係で、区の障害者自立支援の 作業所に通う、青少年者の年一回の大運動会に 区のスタジアムで音響設営に行きプログラムの中で 挿入歌が流れてきました。そのときの子供達の 楽しそうにしてる姿が此... ...続きを見る
何時までも少年の時の心
2009/06/05 10:29

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
千と千尋 と トトロ は鉄板ですよね。私はジブリ作品で一番好きな2作品です。
宮パパの説教くさいのは嫌いとか言う人もいますけどテーマやメッセージを感じない娯楽作品てのはどうよ?と思いますね。
ハ○ル → ハヒル と脳内変換(誤変換)しちゃう私は穢れた大人ですw

akinow(ぶぎょう)
2009/06/05 08:31
>akinowさん
こんばんは、コメントありがとうございます!

ハヒルwwwwww
そうきましたかwwwwww
これはさすがに予想してなかったですが、爆笑しましたwwwww

千と千尋、トトロは鉄板ですね。
作品のテーマ・メッセージに関してはその通りですよ!
宮崎・高畑コンビの作品見れないって言うなら、流行の萌えアニメばっか見てろよってな話でw

今日の千と千尋見てて思ったんですけど、ジブリ作品の始まりで未だにトトロの絵が映るってことは、宮崎監督自身トトロを越える作品は作れなかったってことなんでしょうかw
Ryobben
2009/06/06 00:34
あーだめですよ ばらしたらww
トトロは最高傑作です。と 言われていますね。
宮パパの弟子 庵野監督もアレは最高と認めてました。
パパの30代のときにでていたアイデアなんですよね。
歳とってからでたのはなんか今ひとつ心が定まらないというか
ぽにょ ぽにょ してる感じですw
akinow
2009/06/06 01:08
>akinowさん
こんばんは、またまたコメントありがとうございますw

あ、やっぱりそうだったんですねww
個人的にはナウシカが彼らの最高傑作なんじゃないか、と思ってたんですがト○ロだったんですね。
あ、戸愚炉じゃないですよ?
先手打っておきますwww

年老いた作品が微妙なのは僕も分かりますw
千と千尋を除いてですが、もののけ辺りから様子が辺だったなーと。
となれば最近の作品がぽにょぽにょしてる上、引退作品がぽにょってことになるんですよね・・・。

あーなんか複雑な気分だーorz
Ryobben
2009/06/06 01:24

コメントする help

ニックネーム
本 文
今週の・・・というか今晩の金曜ロードショーは千と千尋の神隠し! RyobbenのLibero Blog/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる